毎日食べる食事を少し変えるだけで腸内環境を激的に改善できる

腸と健康

腸の健康は全身の健康

私達が健康な毎日を送ることができるのは、腸がしっかりと働いていてくれるからです。 腸は食べ物などを消化吸収するだけでなく、体の免疫力の7割を担っています。 体に良い栄養はしっかりと吸収して、体に害を与える細菌やウイルスは体外へと排出する働きをしています。 このような腸の働きを維持するためには、腸内環境が整っている必要があります。 腸の中には善玉菌と悪玉菌があり、悪玉菌が増えてしまうと健康に様々な影響を及ぼしてしまいます。 免疫力が下がってしまうので病気にかかりやすくなったり、生活習慣病の原因にもなります。 腸内環境を整えるには、悪玉菌を増やさない食事を取るのが大切です。 脂質の多い肉類や動物性たんぱく質などを控えて、野菜を多めに取るのが良いでしょう。

腸の機能を高める食品

腸の機能をしっかりと高めて善玉菌を増やし、腸内環境を改善しやすい食品がたくさんあります。 その代表的のものが食物繊維です。 腸の掃除をしたり腸に刺激を与えてぜん動運動を促したり、老廃物を吸着して体外へと排出してくれます。 また、腸内環境を良くするのに欠かせないのが発酵食品です。 牛乳やヨーグルトなどの乳製品や、漬物や納豆、味噌やしょうゆなどの発酵食品は、腸で善玉菌として働いてくれます。 これらに含まれている乳酸菌などが生きたまま腸まで届くのが理想的ですが、死んでしまった菌でも善玉菌のえさになるため、善玉菌を増やすのに役立ちます。 食事のみで腸に良い食品を取りにくい場合には、サプリメントなどを活用するのが良いでしょう。